槇本イヨ
(まきもと いよ)

一ノ瀬学園・参年伍組
魔族(母)と人間(父)のハーフで、口や態度も悪いが、
先生や先輩など、目上の人に対する最低限の敬語は出来る(らしい)。
いじめっ子気質で、負けん気が強い。
人一倍努力家な面もあり、戦略・策略に関する成績は学年首位。
参年参謀家代表で、槇本だけ制服のシャツが白色(白衣)。
他の教科も中々の好成績。
しかし、家庭科や銃器に関する授業など、
担当教員が気に入らない。と言う理由から授業を放棄する事もある。
本人は(恋愛に関して、かなりの鈍感な為)全く気付いてないが、結構モテる(らしい)。
意外にも、特技は家事全般。(家庭内の事情により。)

18歳・167p・女性






夢見小路 先生
(ゆめみこうじ)

一ノ瀬学園・参年伍組の担任。
まだ若く、生徒から友達感覚で話かけられる。
親しまれるのは嬉しいが、先生としての威厳が無いのが、本人としても少し悲しい所。
嘘を付くのが下手で、生徒から意中の人に関してからかわれる事もしばしば。
それでも、泣かない・負けない・挫けない!の精神で、
今日も、教師として頑張っています。

20代半ばで、男性。身長は175cm前後。






●一ノ瀬学園について少しばかりの説明。

進級は試験制。
壱年から参年までは、ペーパー試験と、簡単な実技。
肆年と伍年は、希望するクラスによって試験内容が変わり、
最悪の場合、死亡するケースも稀にある。(近年はあまり無い)

壱年から参年は、壱組、弐組、参組…というように、約7クラスに分かれる。
授業内容は、(選択授業以外は)どのクラスも同じ。
肆年になると、赤組、青組、白組、黒組というように分かれる。
授業内容は、クラス別に異なる。
白組は、策略・戦略を集中的に学習するクラスとなる。


すべての生徒が肆年・伍年に進級出来る訳ではない。
完全な実力主義で、進級試験には年齢制限が無い。
年下の先輩、と言うのも珍しくはないのが、この学園の厳しさ。
基本的に、いつ卒業するかは自由だが、
参年で卒業するパターンが一番多い。

補足。
壱年(一年)、弐年(二年)、参年(三年)、肆年(四年)、伍年(五年)