Memoに記載しました文章及び絵を纏めました。
加筆修正有り。

黒字・本文
青字・一人事

下に行くほど新しいです。

2008年5月。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/05/06
幻想だったのかな。


貴方がいなくなってから、私は歌を忘れた金糸雀かなりあ
ああ、貴方。知っていらっしゃるでしょうか?
歌わない鳥は首を折られてしまうのよ。

ほら、足音。

だんだん近くなって。

今、扉を開ける。


ねぇ、貴方。見ていらっしゃるでしょうか?
かない私は、手も足も頭も分からないくらい切り刻まれてしまうようだわ。


嫉妬に狂った愚かな男が。
私の肌を嘗め回し、貪り喰う。


   これで最後。


振り下ろされる、斧。


ねぇ、貴方。聞いていらっしゃるでしょうか?
この赤い色が、この肉の色が。
こんなに綺麗だなんて。
こんな私を綺麗だとおっしゃった、貴方がやはり正しかったのね。

愚かな父に汚された、私を。


あ、ああ、わたし。 貴方の、

 あなたの笑顔 が


みえる   わ 。



近親相姦もの、父娘。
幸せ系も好き。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


2008/05/07
P・C・パーソロミュ。


わたしの恋人、パーソロミュ。

灰色のボディ。
色とりどりの配線。
鮮やかな液晶。

魅力的なパーソロミュ。

わたしの始めての友達で。
大好きなパーソロミュ。

もっともっと沢山の機能で、飾ってあげる。


わたしの恋人、パーソロミュ。



神国の人々は自由恋愛主義が多いので、パソコンとの真剣恋愛もしちゃいます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


2008/05/13
ボクの/は


僕は悪い子。


僕は悪い子でいたかった。
たくさんワガママが言いたかった。
いっぱい甘えてみたかった。
僕は悪い子になりたかった。

イイ子ちゃん、イイ子ちゃん。


ぼくの名前はいい子。


ぼくはいい子だから、たくさんワガママを言っていいとほほえんだ。
ぼくはいい子だから、いっぱい甘えていいと頭をなでた。
先生はやさしい、ひどい。
なでる手があたたかい、ひわい。


ボクの名前は

ボクの、名前は…?


ぼくはわるいこ。
イイ子の皮をかぶる悪い子いい子。
僕は良い子。
悪い子のふりをするいい子悪い子。


ぼくは悪い子。

僕の名前はいい子。
君の名前は?



矛盾はいつも同居している。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


2008/05/17
桃色の花、闇色のベルベット。


あの花の名前は何だったかな。
小さい頃はよく呼んでいたはずなのに。
すっかり私の知らない花になってしまった。
だけど、本当は。
私が忘れてしまっただけで、
この花は、ちっとも変わってはいないんだ。


天上に存在、青い空。
私が怖がりになっただけで、
この空は少しも怖くはなってはいない。


今朝見た夢の空は、紫の溶けた闇色で。
白い雲はいっせいに走り出す。
視界の彼方かなたに消えていく。

星の見えない輝く闇色。
ベルベットの空。



本当に見た夢と、その日の登校途中の電車のレールに生えた花を見て。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


2008/05/21
あめよこい


あああま、ぁまがえるがなく。
きのうの雨が恋しいか。
わたしも恋しい。

誰の身にもふりそそぐ。
この雨のなんとやさしいことか。

わたしの好きなつゆが来る。
指折りかぞえて待ちわびる。

ああまた、またあの日に逢える。



雨好き。「ぁ」が小さいのは表現のつもりです。
息が抜けるように発音して欲しいです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


2008/05/21
崩壊予兆


何もかもにガタがきています。
今にも音を立てて崩れそう。
それは余りに醜悪な形。
護る術さえ知らない。

この地が崩壊する日が来る。
聞き耳立てれば、ほら崩れる音。
前兆。
いつでも、どこでも。
それは聞こえる見える感じる我が身にも降りかかる。

強いこころざしれ。

崇拝はするな。
それは現実からとても遠い。


まだお逢いした事も無いお姉様!
優しい微笑みの顔も見えぬお兄様!
私の近くで、崩れる音が聞こえます。


この地がいつか崩れるの。
近い未来、壊れてしまうの。

みんな、ひび割れマリオネット。
同じ顔で、同じ色。



まだ少ししか生きてない、見ていない、知らない私めでも、そう感じます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


2008/05/29
何も出来ない私が


お願いだ私を独りにしないでおくれ!
記憶の隅にある、暗い部屋。
小さく、天井もすぐそこだった。


私は何にでもなろう!
君の為、私の為。

私は神となり。
私は鬼となる。


耳の奥で。
かすかな泣き声。

私は父として。
私は母として。

手探りで、泣き顔の君の腕を、掴む。


お願いだもう泣かないでおくれ!

私は兄の様に。
私は姉の様に。


ふと視界に入る。
こんな白い腕。

私の腕では護りきれない。
気付いた、あのオレンジの朝。
それでも、ああ耳の奥で。
目蓋から離れず。


私は強くなる!
負けはしない、退きもしない!
誰よりも強く生きると誓う!
だからお願いだ!

私を独りにしないでおくれ。
君を、君を護らせてくれ。

お願いだ。


なあ、恨んでくれ。
こんな私を。
そして忘れないでくれ。
こんな私をわらってくれ。
でも誤魔化さないでくれ。


大丈夫だ。
まだ戦える。
何度でも立ち上げる。
武器が無くても。
私には、誰にも負けない志がある。
いくら地を舐めようと。
いくら地を這おうと。
何度でも立ち上げる。


君を護る!
その為なら。

私は神となり、鬼となり。
そして父として、母として。
時に兄の様に、姉の様に。


君になら。


なあ、触れても 良いかい?



だらだら書きすぎ!
もっと簡潔にさっぱり!伝えたい事だけ書ければ良いのに!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−