Memoに記載しました文章及び絵を纏めました。
加筆修正有り。

黒字・本文
青字・一人言

下に行くほど新しいです。

2008年11月。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/11/06
特別な子


誰もが特別だと言う。

何度も聞いたが、水のよう。
確かに私の手に渡されたはずなのに、滑り落ちてく。温度もない。
ただ、少しだけ。
渡された痕跡こんせき。濡れた手。


貴方は特別。
女が言う。
貴方は特別。
男が言う。
貴方は特別。
誰かが言う。

貴方は特別。
教師が言う。
貴方は特別。
友人が言う。

それが何よ。

貴方は特別。
母が言う。
貴方は特別。
父が言う。
貴方は特別。
兄が言う。
貴方は特別。
姉が言う。

ねぇ、どうして。

特別でも何でもない貴女から生まれた私が、
どうして特別と言えましょう?

また、難しい記号を並べて教えて下さる?先生。



何処に証拠があるでしょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/11/09
殺虫


いや、どうしてだか。
不快とは、違うんだけど。
いや、繕うのはよそう。

あの、鈍間のろまで不細工なアレが俺の下のほうから。
いや、中心か。
そこから、ぐずぐず這い上がってくる。
鬱陶しい。

お前が、アレになんだか似てるからだ。
仲間と思って、俺から出てきてお前の側に行こうとしてる。
どうせ、下らない事を言うんだ。

お前も、コレと同様に這いずり回ってるのがお似合いだ。
都合の良い妄想に漬かる様が、無様で惨めで、
ああ、不快だ。

気持ち悪い。


お前は、まるで
太った芋虫だ。



こういう感覚、ものすごく鬱陶しい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/11/08
色狂い


教えて下さい。
頭の足りぬ子の癖に、
貴方に悦んで頂きたくて!

白い、白い手なの。
貴方は雪の様に、百合の様に、お砂糖のように。
白い白い肌をした、純白の…

ああ、違う。

ケモノ、と言おうとしたけれど。
それは私。
けれど、
食べられたくて疼いている。


ごめんなさい!ごめんなさい!!
私、嘘を付きました!
悦んで頂きたいなんて!
私、嘘を付いてます!
ごめんなさい!ごめんなさい!!

私がただ、悦びたいだけなんです!

お願い、下さい。早く、お願い。
もう、我慢できない。疼いてしょうがないの。
もう、其の事ばっかり考えて、
貴方の白い手が、口脣が、どこに行くのか。
私を侵食して欲しくて、欲しくて、ほしくて、
早く、下さい!ねぇ、お願いします!

お願いします…。

まだかしら。
まだ、かしら…。

浅ましいと、
卑しいと、
犬以下だと、
髪を掴んで、足で踏みつけて、
悦びに浸りたい。


ああああもう!!

早く、なさいよ!!

私が、狂う様が!そんなに面白いの!

早く、罵りなさいよ!

我慢できないって、言ってるじゃない!

早く、殴ってよ!

言うとおりに、足を開くから!

それしか能が無いの!其の程度の価値も怪しいのよ!

そうよ!それが、


それが、欲しいですの。
赦さないで、ご主人様。


嬉しい。

優しい貴方様。
オモチャにする価値もない、
私を、
使って下さる、優しい貴方様。

あ、嬉しい…



珍しく、起承転結のある文章。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/11/15
だいきらい、さいてい。


まーちがえた、まちがえたー。
ぼくのせいじゃ、ないんだよー。
こいつが、なんだかおもかったー。

さいあく、さいてい。

もう、いやだ。
ねんねこ、ねこねこ、ねんねこりん。
もう、ねよ。すぐねよ。
ねんねだ。ねんね。

きょうも、かれがーねものがたりをうたってくれる。
よるのひみつのおしゃべり。だいすき。
おおきなおてで、ねでて、なでなで。
やわらか、くすぐったいよ。くちびる。
だいすき。



現金な奴。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/11/19
震えつつも…


最近めっきり面白くない。
まぁまぁ、浅ましいったら。図々しいったら。

惨めなオンナ。
可愛くもないオンナが一人。
寂しいオンナ。惨めな様。
ああ、御可哀想に。

想われない。想われない。
醜女しこめの都合の良い夢だ。


謳いましょうか。耳障りだ。
言えば言うほど。鬱陶しい!


指がかじかむ。
寒いです。寒いのです。
指先が死んでしまう。
指先が、死んでしまう…。


甘い、甘い紅茶。
暖かいあの紅茶が頂きたい。
今すぐに。ねぇ、頂戴。下さい。早く。今すぐだ!

あの色が私を溶かす。
あの馨りが私を溶かす。
あの甘みが私を溶かす。
私が、溶けて死んでゆく。
素敵ね。素敵。

指先が痺れる。
まだ、死んでないよ。

私のお部屋へ連れてって。
私の甘い夢が詰まった。
私のお砂糖のお城。


寒いです。さむいのです。
私はとても寒くて寒くて仕方ないんです!



何処からか悪寒。一人で震えて惨め。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/11/21
黄色いあの子。愛しいあの子。


黄色い
弾力
なめらかな
口に広がる幸せ

たべたい

カスタードプリン

なめらかプリン

カラメルプリン

ああ、たべたい、たべたい。

口に広がる幸せ。

喉に通る、冷ややかな悦び。

舌の上で。


黄色い誘惑。



いえろーもんきーいえーーーいwwww
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2008/11/23
晒し首


「失くしてから気付く」なんて、
そんな薄ら寒い台詞聞きたくないの。

鬱陶しいの。
もう、纏わりつかないで頂戴。
ああもう。嫌々。


頭から、崩して。
そこから、段々崩れていって。
小汚い血が
ああもう、地面と仲良くしてろ。

汚らわしい。
くたばれ。

もう厭。



喋る事まで煩わしい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−