食べたの、誰。






冷蔵庫を開けみたら、食べようと思った蜜柑ゼリーが無い。

有るのは、マンゴーゼリー。

家には、僕とアレ、二人だけ。

僕じゃないとしたら、明らかにアレだ。


どうして僕のゼリーを食べてしまうんだろう。
前に、マンゴーゼリーは食べない。と言ったのに。
どうして僕のゼリーを食べてしまうんだろう。
せっかく、食べたいと思ったのに。


苛々してしょうがないから、下らない腹いせでもしようと思う。

アレの寒天とヨーグルト二つ半を全部食べようか。
でも、食べたって、どうせ今日の帰りに買って帰るだろうから困らないじゃないか。
それじゃあ、腹いせにならない。

下らない腹いせを考えて、苛々がある一定超えたら消滅する。


ゼリーの変わりに何を食べよう。
ああ、そうだ。ヨーグルトに苺ジャムを入れて食べよう。

冷蔵庫を開ける。
よく見たら、ヨーグルトはアロエ入り。
もう厭だ。
なんでアロエ入りなんだよ。
アロエ入りのヨーグルトに、ジャムを入れたくない。


もう苛々どころじゃない。
本当に腹が立つから、自暴自棄に苺ジャムだけ食べる。


蓋を開けて、スプーンを手に取る。

落ちる。

音を立てて床に転がるスプーン。

ああ、本当に厭だ。
お腹が空いてしょうがないのに。
空きすぎて気持ち悪いのに。
食べる気を失くしそう。
食べなきゃ駄目なのに。



外の足音が、誰か気になる。
近づいている気がする。

来るなよ。

近づいた気がして、自然と消えた。



ああ、美味しい。
甘い、甘い。苺の甘い、砂糖の甘い。

ドロドロにとけた甘みしかしない。

ああ、美味しい。
口に広がる、苺の甘さ、砂糖の甘さ。

いっそ吐き出しそうな甘みを、噛んで飲み込む。


次は何を食べようか。
やっぱり、アロエ入りヨーグルト。



もっと、何か。食べよう。




でも。

ねぇ、ゼリー食べたの誰だよ。



アレは食べてないって言うんだ。

じゃあ、誰だよ。

人間は、僕とアレしかいないんだ。



僕のゼリー、食べたの誰だよ。








--------------------------------------------------------------------------

昨晩ゴミ箱に、ゼリーのカップとスプーンまで入っていたそうです。
どうでも良いか。
記憶に無い。

2008/12/4 吐き溜め。